8月の始まりから続いた合宿祭りからお盆にかけて、ありがたいほど目の回る日々もようやく落ち着き、PCと向き合える時間がとれるようになりました(^^;

さてさて、以前に「中ノ沢温泉の温泉分析書をweb上に載せてほしい」というご要望を頂きましたので、さっそく載せてみます。もったいぶるような代物ではないのですが、「確かに載せてなかったな~…」と思いまして。

分析書は平成26年の7月に調査をしたものです。近々、花見屋のHPにも載せますね。

温泉分析書-1

沼尻元湯の分析書で特筆すべきなのはやはり湧出量ですね!源泉ごとに測定される湧出量で5桁を記録するところはなかなか無いでしょう!!(とはいえ、実際他の源泉の分析書では『測定せず』の場合が多かったりします^^;)この温泉一か所で沼尻、中ノ沢温泉に所在する全ての旅館やペンションの湯船を満たし、しかも全てのお湯が温泉としても使われずにただ温泉の川として流れていってしまうのです。

そしてもう一つは硫酸塩泉としてもなかなか優秀な温泉であるということ!!

・・・というお話はこの辺にしておいて、そのあたりはまた次回にでも・・・。(次回までにたっぷり勉強して--;)硫酸塩泉としての中ノ沢温泉のお話でもさせて頂きたいなぁ、と思います。